【合格エピソード】都立総合学科から早稲田大学合格! | 勉強道場STG

皆さん、こんにちは。勉強道場STG師範の齊藤です。

さて、今回は勉強道場STGのある、斉学舎個別館の合格エピソードを書きたいと思います。

高校2年生で入塾したM君は、都立つばさ総合高校に通っていました。

つばさ総合高校の偏差値は52で、お世辞にも上位進学校とは言えません。

当然、学校の授業の内容は大学受験用ではありませんでした。

ですが、入塾面談で「上位大学に入りたい!」と強い意思を示したM君と相談し、高校の授業とは全く別に受験カリキュラムを組むことにしました。

その当時は勉強道場はありませんでしたが、やったことは全く同じです。

・許す限り長時間の努力
・目標から逆算したその日ごとの学習計画
・常にストイックに勉強できる環境

1年半くらいの間ですが、濃密な勉強をしたM君は、見事早稲田大学に合格することが出来ました。

おおよそですが、都立高校で「大学受験の役に立つ」授業を日常的に行ってくれるのは、偏差値59以上の普通科高校だと思います。M君の通う学校は総合学科で、偏差値も平均的なものでしたので、本人も塾側も非常に苦労した覚えがあります。

 

上位大学に合格するこの多くは、中学受験をして私立中学に通う生徒であったり、自校作の都立高校生であったりします。

しかし、中堅校で会っても上位大学狙いは不可能ではありません。

もし上位校受験を希望するのであれば、ぜひ勉強道場へお問い合わせ下さい。

勉強道場問い合わせフォームはこちら