今が受験勉強の【大事な時期!】

皆さん、こんにちは。葛西の塾【勉強道場STG】師範の斉藤です。

さて、今回は皆さんに質問があります。

スポーツに関して。
あなたは高校2年生です。ある時、小学3年生の頃から柔道をやっている同級生に、試合で勝ちたいと思いました。もちろん相手は有段者。全国大会レベルです。小3、4、5、6、中1、2、3、高1と合計8年間柔道をやっています。
それに比べ、あなたは、全くの未経験者ではありませんが、学校の授業でやったことがある程度です。

直接対決する試合は、高3の終わりころ。あと2年弱です。

あなたはきっと頑張って練習するでしょうが、その同級生も良き師のもと、日々練習に明け暮れています。

さて、どうしても勝ちたいとなったとき、あなたはどのくらい練習すればいいでしょうか。

 

カンの良い人は、もう気づきましたかね・・・

 

では、別の質問です。
あなたは都立高校に通う2年生です。早稲田大学に合格したいと思いました。憧れの先輩でもいたのでしょうかね。
とにかく行きたいと考えました。
しかし、あなたの偏差値は55。早稲田大学の偏差値は67です。しかも、早稲田大学を受験するのは、東大を受験する日比谷高校の生徒だったり、中学受験をして私立中高一貫校の生徒だったり。

彼らに、あと2年弱で追いつかなければなりません。どうしましょう?

これなら質問の意図が直接的で、わかりやすいでしょうか。

 

最初の柔道の話、「普通にやって勝てるはずない」と思いませんでしたか?
ちなみに、もし私だったら「設定が無理すぎる」として諦めます。
スポーツを8年間、本格的にやった人間に勝つとしたら、それからの全生活、全人生を捧げても、なおかつ勝てる見込みは微小です。

それに比べたら、2つめの勉強のほうがまだマシでしょうか。肉体的には向き不向き(私身長160cmしかありません)があるので、柔道で勝つのは難しいですが、勉強は肉体的なものよりは公平です。まあ、「もし自分だったら」という前提ですが。

ちなみに、最近の大学入試は定員の厳格化により以前に比べて遥かに難しくなっています。

上記では早稲田大学と書きましたが、いわゆるGMARCHと呼ばれる学校も同様と考えてください。

立教大学や明治大学を始めとする、「ある程度の有名校」に行きたいと考えたら、ライバルは私立中高一貫生です。しかも、中学受験後も中だるみせずに、頑張ってきた生徒たち。

彼らは、小学生のうちに中3までの範囲の70%を終わらせ、中1で中2範囲中2で中3範囲1年先取りのカリキュラムで勉強します。そして、最後の高3でひたすら受験勉強をします。

都立高校に通っている皆さん
私立でも手抜きをしていわゆる「中だるみ」になっている皆さん

受験にはライバルがいます。もし本気でライバルに勝ちたいのであれば、出来る限り早く準備を開始し、他人が真似出来ないほどの努力をしましょう。

8年間柔道に打ち込んだ全国レベルの同級生を、あと2年で打ち負かす。それほどの努力が求められます。

ぜひ、頑張ってください!

 

最後に一つ。上記の柔道の話は「完全なフィクション」ではありません。斉学舎の個別館教室長の瀧口は、高校受験後に柔道を始め、全国大会まで行っています。血の小便が出るのは本当らしいです・・・

 

【勉強道場STG】へのお問い合わせはこちらから。