元祖道場生? | 偏差値43から▲▲にアップ!

皆さん、こんにちは。勉強道場師範の齊藤です。

勉強道場は、葛西の斉学舎内にある学習塾です。

今回は、元祖道場生ともいえる、卒業生S君の話を書きます。

S君が私と出会ったのは、中学2年生の3月。3学期の期末試験が終わった後でした。

通知表を渡され、
「この数値なら葛西南高校だが、頑張れば紅葉川高校かな」
と先生に言われたとのこと。

その時の模試の偏差値は43でした。

ちなみに右の写真が実物です。

2が4個もありますから、先生が言うのも無理ありません。

しかし、本人は・・・
「せめて深川高校に行きたい・・・」

とのこと。

そこで私が進めた学校が「中央大学高校」。
偏差値69です。

偏差値43の生徒に偏差値69の学校を勧めるのもどうかと思いますが、、、(苦笑)
高い目標を掲げるべきと判断しました。

結論から言うと、中央は落ちましたが、第二志望の学校に特待生で合格できました。

S君の、高校受験の時の偏差値は61でした。

しかも、ここで話は終わりではありません。

S君は、高校受験を終えて、こう考えたのです。

「俺は数学は苦手だ。国語はほどほど。では自分の武器にすべきは何か。英語だ!」

そこからS君の猛勉強が始まりました。

それこそ、今度始めた勉強道場の元祖かと考えるくらいです。
毎日5時間は確実に勉強していました。

次回は、S君が
「何を」
「どれくらい」
やったのか。
その結果どうなったのかを書きたいと思います。

勉強道場のお問い合わせはこちらから